犬の食事について考えよう

犬の食事について考えよう

犬と人間の食事の関わり

愛犬と生活を共にする中で、愛犬が人間の私達が食べている物を欲しそうに見ている事ってよくありますよね。その様な光景を目にすると、ついつい可愛い自分の愛犬に私達が口にしている物を与える飼い主さんがいます。しかし、本当に犬の健康の事を考えるのであれば、それは止めた方が良い行動です。何故なら、人間の食べ物は犬が食べると健康被害を及ぼすものが沢山あるからです。体に害となる食べ物を知らずに愛犬へ与える事で、最悪は死に至ってしまう恐れもあります。その様な事態にならないためにも、犬に与えてはいけない人間の食べ物の種類と理由を飼い主さんはしっかり自覚しておく事が大切です。今回は、健康被害を及ぼす代表的な食べ物をいくつかピックアップしたのでご紹介します。
 

犬に与えてはいけない食べ物

【ネギ類】
・玉ネギ
・長ネギ
・ニラ
・ニンニク
等のネギ類は中毒を起こします。
 
[中毒を起こす原因]
ネギ類に含まれている”アリルプロピルジスルファイド”という成分が体内のヘモグロビンを酸化させてしまいます。ヘモグロビンが酸化する事でヘモグロビンの生成が減少し、十分に酸素を身体に送る事が出来なくなり、身体に悪影響を及ぼします。
 
[特によく起こる『玉ねぎ中毒』]
・溶血性貧血
溶血性貧血の疑い:血尿や歯茎が青白くなっていた場合
・高カリウム
 
これらは、血症を引き起こして最悪命を落とす可能性があります。エキスにも玉ネギ成分は含まれているので、玉ネギと一緒に調理した食べ物も与える事はやめましょう。
 
【アドガド】
[中毒を起こす原因]
アボカドに含まれている殺菌作用のある毒素 ”ペルジン”という成分が、 アレルギー反応の症状を引き起こします。死亡にいたるケースもある危険成分なので、アボカドを取り扱う際は充分な注意が必要です。
 
[症状]
・嘔吐
・下痢
・けいれん
 
最近では…
アボカドを加工して犬の体に害を及ぼす成分が除去された、アボカドを使用したドッグフードやおやつ等も市場に出ています。しかし、ASPCA( 米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センター)は、アボカドを使用したドッグフードに関して、「ドッグフード製品に使われているアボカドが、どの種類の物で、どういった食加工をし、どの位の量を使っているのかが不明なために、犬にとって安全かどうか返答出来ない。」と意見を述べています。
いくら安全性を確保してあったとしても、そこに関しては絶対的な保証が無く、やはり有害成分が含まれている事は確かなので、アボカドは与えない様にして下さい。
【チョコレート】
チョコレートに含まれているアルカロイドの1種”テオブロミン”という成分に対する感受性が非常に高い事が挙げられます。
また、一度食べてしまったテオブロミンを分解・排出する能力がとても低いので、体の中に毒素が長く留まります。
 
[アルカロイドの代表的な物]
・タバコのニコチン
・お茶のカフェイン
・ケシの実のモルヒネ
※テオブロミンの主な服作用として”カフェイン”をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。


[症状]
・神経興奮作用
・利尿作用
・嘔吐
・下痢
私達人間がコーヒー等を飲んだ際カフェインを摂取するので、神経興奮作用によって眠気が覚めたり、利尿作用によっておしっこに行く頻度が高くなりますよね。犬の場合はこれらの服作用が極端にとても大きく現れます。また、体内に滞在している毒素を体の外へ早く出す症状として、下痢や嘔吐で異物を外へ出そうとする生理作用が働きます。
 
【貝類】
・牡蠣
・サザエ
・ツブ貝
・生の貝等
 
[中毒を起こす原因]
犬は体のつくりとして、基本的に海の生き物に対する消化機能が弱い性質をもっています。特に貝類に関しては、消化する酵素を持っておらず、犬にとっては大変危険な食べ物です。
 
[症状]
・消化不良
・下痢
具合を悪くしていない場合でも、大体そのままの状態で排泄されます。また、貝類は水質の影響を受けやすい生き物になります。消化に関して、火を通していない貝類は毒素を持っている危険があり、また、加熱をしてあっても完全に毒素が無くなったとは言いきれず、安全な食べ物とはいえません。貝類はアルコールやカフェインと同じレベルの危険度として挙げられている食品です。
 
【キシリトール】
・ガム
・キャンディー
・フルーツ缶詰
・イチゴ
・ゼリー
 
[中毒を起こす原因]
キシリトールを摂取する事で、体内にインシュリンが大量に生産され低血糖になってしまったり、肝機能が弱まっていってしまう症状が現れます。最悪、死に至るケースも低くありません。
 
インシュリンとは:すい臓から分泌されるホルモン成分の一つで、体内の血糖値を下げる役割をしてくれる唯一の分泌ホルモンになります。食事をすると体内の血糖値が上昇するのですが、インスリンが分泌される事で速やかに処理されて、血糖を取り込み体内のエネルギーとして活用したり蓄えたり、また、タンパク質の合成したり細胞の増殖を促したりする働きをもっています。
 
[症状]
・嘔吐
・下痢
・歩行困難
・発作
犬がキシリトールが含まれる食べ物を食べてしまうと大変に危険です。中毒症状を引き起こして死亡してしまう事もあります。シリトール入りの物を摂取すると急激にインシュリンが大量放出され、低血糖に陥ったり肝機能低下になったり、色々中毒症状が引き起こされる事が判明しています。命を落としてしまう可能性も低くありません。
キシリトール中毒の初期に発生する症状として、嘔吐や下痢が挙げられます。1時間以内に発作や昏睡が起こるケースもあります。症状が重いケースだと肝不全に陥る事もあります。
 
[キシリトールの中毒症状]
10分〜30分と早い段階で発症する確率が高く、迅速な対応と処置が必要です。
 
【人間用の加工食品】
・ソーセージ
・ハム
・ベーコン
・サラミ
・ちくわ
 
[中毒を起こす原因]
犬は人間の4分の1の塩分しか摂取してはいけないと言われています。また、人間の体には全身に数多くの汗腺があり機能も発達しており、体内の不要な塩分を汗と一緒に対外に排出する働きをもっています。しかし、犬の場合にはほとんど汗腺が体にありません。従って、体内の不要な塩分を排出しようとして、腎臓が過剰に働きすぎてダメージを受けてしまい、逆に水分が体外に排出されにくくなる状態に陥ります。
 
[症状]
・高血圧
・腎臓疾患
・心臓疾患
この様に塩分過多によって生活習慣病を引き起こす原因に繋がっていきます。
 
【果物類】
・グレープ
・グレープフルーツ等の柑橘系
・イチジク
 
グレープ
・肝不全
・下痢
・嘔吐
※腎臓に病気がある場合、肝不全から最悪死に至ってしまう事もあります。
 
柑橘系果物
・下痢
・嘔吐
柑橘系果物の外皮に含まれる中毒物質”ソラレン”が消化不良を引き起こしてしまいます。
 
イチジク
・嘔吐
・口の中の炎症
アレルギー反応により口の中の粘膜を刺激されて、口内炎が出来たり大量のよだれが出たりします。口内炎になってしまう事で口内に痛みや違和感が生じて、なかなか上手に食事を取る事が出来なくなったり、水分補給でお水を飲む事さえも拒否して飲みたがらない場合もあります。長く続くと脱水症状になってしまいます。
 
いくつか食べ物を挙げただけでも何も知らずに私達人間の食べ物を無条件で与えてしまう事はとても怖いですね。勿論、人間の食べ物全てが与えてはならない訳ではありませんが、危険な食べ物は数多く存在しているのは本当です。しっかりと、安全性があって体に良い物を与えていける様に心掛けていきましょう。


無添加ドッグフードの通販

犬のおやつ

ペットのおやつ

犬のサプリ

ドッグフード アレルギー

ドッグフード(お試し)

国産ドッグフード